Page 8:現地での生活基盤を整える(その1)…ネット接続

入居したアパートの部屋でインターネットに接続できないという状況に気づいた僕は、さっそくインターネットの契約を結んだ会社のオフィスへと向かいました。僕が契約したのはÅlcomという携帯電話やインターネット契約を取り扱っている会社で、マリエハムン市のCentrum内にオフィスがあります。

中に入ると番号札を発行する機械があり、ここで「商品購入」か「サポート・相談」のどちらかのボタンを自分のその時の要件に応じて押します。そこで出てきた番号札を受け取り、オフィスのスクリーンに自分の番号札の番号が表示されたらその窓口に行く、というシステムです。

僕は「サポート・相談」のボタンを押し、「部屋に入居した当日からすぐにネットが使えると聞いていたけど、全くつながらなかったり、つながってもメチャクチャ遅かったりする」と状況を説明しました。するとスタッフは「ネット接続のためのケーブルが破損しているのか、アパートのネット環境自体の調子が悪いのかも」と状況を推測したので、アパートのメインオフィスに行ってみました。

僕:「ネット契約をしている会社の人に聞いたら、アパートのネット接続に問題がある可能性を指摘されたんですが」

大家さん:「こちらでは何も問題はないはずですよ。ちょっと話を聞いて思ったんだけど、ちゃんとモデムは買ったの?」

おぉ、モデム!そうか、「入居したらパスワードとかは特に何もいらず、即ネットに接続できる」と聞いていたからどこかにモデムがあるのかと思っていたけど、実際にはモデムがなかったのか!

早速Ålcomに戻り、

「さっき大家さんと話したんですけど、やっぱりアパート自体にはどこも問題がなさそうです。モデムがないのがネットがつながらない原因じゃないのかと指摘されたのですが、僕が住んでるアパートに対応したモデムはありませんか?」

と状況を説明しました。

すると、

「モデムは約40ユーロですね。でも無線じゃなくて普通の有線LANでよければ、ケーブルの長さにもよりますが10ユーロ以下で買えますよ」

と教えてくれました。

そうか、ケーブルは自腹で買わなければいけなかったのか!

さっそくケーブルを購入し、部屋に帰って壁を見てみると、あったあった、ケーブルの接続部分!ここにケーブルを差してパソコンにつなげば、ネットにつながるのだな!

こうして無事にアパートの部屋でのネット環境は確保。あとはとりあえずは台所と携帯ですな。やる事がいろいろだ~。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。