インディペンデント・ラーナーズ(7)

 必要以上にお金を使うの、もうやめにしませんか? 

最近、スパルタ系の英会話スクールが登場していますね。ダイエットのライザップに便乗してるみたいな。
既に英会話スクールが飽和状態ともいえるほどのレベルで乱立しているという中で、なぜこのような新しいタイプの英会話が出てくるのか。それは、世の中の消費者が

「週に1回や2回英会話スクールに通った程度では英語は喋れるようにはならない」

という現実に気づき始めたからではないでしょうか。

スパルタ英語にしても、それに通ったからといって全員が全員英語を喋れるようになるわけではなく、もちろん挫折する人も一定数いるでしょう。ただ、こういったスパルタ系では、全体的には力を伸ばす人が多いようです。

でもここでちょっと考えていただきたいのが、そのお値段です。
こういうスパルタ系の英語ってどれぐらいお金かかるか知ってますか?

大体の相場としては、

3か月で50万円ぐらい

だそうです。

メッチャ高くないですか?

ちなみにこれ、高い金を出せばそれに比例して力がつくのかというと、それは違いますからね。
実力の伸びがつぎ込んだお金に比例するというのであれば、世の中に独学で語学学習を成功させる人間が存在するというのはおかしいでしょう。

100万円のコースがあればさらにその2倍の学習効果があり、25万円のコースがあれば半分の効果しかないのかというと、そうではないのです。基本的にこういうのの値段って、大きく関係してるのは人件費とかですから。

お金に相当余裕のある人ならこれでもいいかもしれませんが、平均的収入の人だとそれって経済的にかなりキツくないですか?

多くの場合、最初から「自立した学習者」になるのを目指した方が、コスパ的にも自分の学習成果的にもよっぽどいいのではないでしょうか。

現在英語(や外国語)を身につけたい人がその力を伸ばすとしたら、その方法は主に次の3つとなります。

1つ目は、完全に独学でやる方法。
自分だって誰からも教えてもらわなくたって、お金払わなくたって、独学でできる!やってやる!という人はこれでもいいと思います。むしろ僕自身がそうでしたし、それぐらいガッツがあって実際に成果も出せる人は僕は個人的に好きです。影ながら応援しております(^^)

2つ目は、スクールなどに高額な授業料を払ってでもいいから「教えてもらう」という方法。
もちろんこれでちゃんと力がつく人も一定数いますが、効果が出ていない人はかなりのお金と時間を無駄にしていると言ってもよいでしょう。よっぽどお金と時間に余裕のある人にしかオススメできません。

そして3つ目は独学のやり方を教えてもらい、その後は自立して自分で力を伸ばし続けるという方法。
1つ目と2つ目の中間のような方法です。学習者の立場からすれば、最初は多少お金を払って教えてもらうけど、一度自立してしまえばこっちのもの。実際、僕の語学独学講座の卒業生の人たちは、卒業後も語学独学理論を活かしてご自分たちで勉強し、語学力を伸ばし続けています。

ただ1つ言える事は、「自立した学習者」にならない限り、いつまでも「誰かに教えてもらう」ためにお金を払い続けなければならず、長い目でみればかなりの出費であるという事です。

あなたなら、どれを選びますか?

【↓次のページ↓】

“コンテンツ紹介”