インディペンデント・ラーナーズ(1)

1日1時間の積み重ねで、語学スクールに通わなくても実践で通用する語学力を身につける方法を公開します!

脱根性論・超合理的・語学独学支援プログラム

その名も

Independent Learners(インディペンデント・ラーナーズ)

 

高校生の時、英語で道案内もロクにできなかった「純ジャパ」のシンイチが、語学スクールに頼らずに4か国語を喋れるまでになった語学独学戦略をあなたに伝授すると言ったら、どうしますか…?

 自己紹介 

シンイチです。

僕は語学学校に一切通っていないにも関わらず、日本にいながら独学でスウェーデン語を大学の授業を受講可能なレベルで習得しました。

実際、僕は2017年の8月から、フィンランドのスウェーデン語圏の大学に通っています。
大学の授業は全てスウェーデン語で行われ、卒業に必要な単位も一通り取得しています。

ちなみにフィンランドは自国民は原則教育費は無料なのですが、僕が大学に入学願書を提出した2017年時点で、「現地語であるフィンランド語またはスウェーデン語のどちらかで教育を受けるなら、EU国籍を持たない外国人でも学費は完全無料」という制度があったので、スウェーデン語が喋れたおかげで学費タダで大学に通うという贅沢ができております。

さらに、語学学校に通わずに独学で北欧言語を覚え、日本から直で引っ越してきたのが珍しかったのか、地元の新聞社からインタビューを受けた事もあります。当然インタビューは全てスウェーデン語で行われました。

他にも、スキマ時間で勉強を続けた結果、フィンランド語圏には住んでいないにも関わらずフィンランド語も一定以上のレベルで喋れるようになりました。大学の課題やスウェーデン語の勉強、英語力の維持、健康維持と趣味も兼ねた走り込みと筋トレ、ブログの執筆等もやりながらの中のフィンランド語の勉強なので、かなりの片手間です。もちろん所々細かいミスはありますが、一応フィンランド人を相手にフィンランド語で1時間以上会話を続けられます。下のビデオで僕のフィンランド語(2019年5月現在)がどんな感じか見られます。

今でこそ僕はこのように、やろうと思えば英語だけでなくほぼどんな言語でも独学で習得できるようになっていますが、高校卒業までは普通の日本人と同じく、「外国人に道を聞かれてもまともに英語で案内できない」レベルの語学力でした。実際、高校2年の時、本当に外国人に英語で道を聞かれた事があるのですが、当時は自分でもビックリするぐらい英語が口から全く出てこなくてメチャ焦ったのを今でも覚えています。

それがなぜ独学で4か国語も喋れるようになったのでしょうか?
それは、英語のみならず語学全般に通じる効果的な学習をするための考え方を身につけ、それを実践してきたからです。

「考え方」
「努力の仕方」

を変えるだけで、あなたの語学学習も変わります。

【↓次のページ↓】

“多くの日本人が英語(外国語)を話せるようにならない理由”